ゲニウスロキを探して

歩き、旅するWebエンジニア。週末は主に温泉・公園巡りと時々わさび。

【温泉】溝口温泉 喜楽里@川崎

【2017/06/03】

前回たぬきやに行った際に、連日の疲れからか体調が悪くなり、 とにかく休めるところを探して稲田堤から比較的近くにあった温泉「溝口温泉 喜楽里」に駆け込んだ。

以前、飯能にある同系列の温泉「宮沢湖温泉 喜楽里別邸」に行った際に、露天風呂から見渡せる新緑の木々と宮沢湖の景色に心奪われていたので今回も期待していきましたが、やはり都市部にある温泉らしく景色はそれほど期待できず。。

ただ、施設は充分広く綺麗、風呂のバリエーションも寝湯あり、サウナあり、座風呂ありと一通り基本は抑えている感じなので、近場であれば充分常連になりうるだけのポテンシャルは秘めてる感じはしました。 溝の口駅からバスで10分というのもそんなに遠さは感じさせないぐらいで気にならないですね。

ただ、いかんせん体調が悪かったことでサウナ・水風呂には入らず、寝湯でひたすら体力回復に務めたあと、溝の口から東急田園都市線にのって帰りました。

全然話変わりますが、職場が移転してからは主に半蔵門線を利用する毎日になりました。(これまでは都営大江戸線がメイン)

この日も帰りは溝の口から東急田園都市線に乗って帰ったわけですが、あらためて半蔵門線が単に押上〜渋谷間を走る車両なだけではなくて、東武線及び東急田園都市線と直通でつながっており、北は埼玉県久喜から南は神奈川県中央林間までを一本で貫くことも可能な路線だということに今更ながら驚愕してます。

f:id:mopin:20170606233302p:plain

これまでは東西線〜中央線の都心部を横に横断する移動ばかりで埼玉や神奈川方面には縁がなく、なんとなく心理的距離を遠く感じてたわけですが、これを機に南北貫く半蔵門線を駆使することで埼玉や神奈川方面にも物見遊山に出かけていきたいとあらためて思いましたね。

都内の温泉は一通り廻りつくした感じがあるので、温泉アプリで調べる限りまだまだ良さげな風呂が眠っている神奈川へ、どんどん足を広げていきたいと固く心に誓いました。