どこかにゲニウス・ロキ

週末は主に奥多摩歩き。

【TL観測】励ましや褒めの循環

ここ数日起きている、Twitter上での「◯◯なアライさん」を名乗るアカウントの増殖現象が面白くて追ってます。

アライさんというキャラを演じることによって、自らの辛い境遇を言葉にすることができる。また、それをみたアライさんというキャラを演じている人たちもまた、演じていることによって優しい言葉を投げかけるこの連鎖...!なんと、尊い。。 一度ルールを覚えたらたちまち増殖するネットミームと文化、こういうの本当好きだし良いと思いますね。

上記笑った。

【輪読】里山林の生態系サービスを発揮するための課題と農村計画の役割

引き続きマイナーサブシステンスや複合生業関連の論文を読んでます。 本日は下記の論文に目を通しました。

奥 敬一「里山林の生態系サービスを発揮するための課題と農村計画の役割」, 2013

抄録

里山の森林は農村の生産物とは切り離され、今やその持続可能性はここ数十年間の深刻な劣化によって脅かされている。 その結果として、里山の森林が提供する様々な資源を農村に住む人々が享受する力もまた劣化してきている。 これ以上の劣化を防ぐために生態系が提供する資源・サービスを獲得する能力に注意を払うことが重要である。 資源を享受する能力とは「生態系を構成する要素に意味や価値を見出し、そこから生産物を取得することができる人々または社会の体系化された技術および思考」と定義することができる。 このような享受能力について分類し、それを回復するための戦略について議論する。

感想

生態系の持続可能性は、それを利用する人々の営みと密接に関連していることを「生態系サービスの享受能力」という観点で簡潔にまとめられている、という印象を持ちました。 地方の限界集落問題に関して度々見かける議論で「農村の人々を都市近郊に(半ば強制する形でも)移住させた方が良い」という主張を目にすることがありました。 その主張に関して抱いていた違和感を「享受能力」によって説明することができそうです。 つまり集落を捨てることによって、そこにいた人々の生活は持続することができるかもしれないが、残された里山の生態系は無価値なので切り捨てる、という判断をしていることになってしまうと言えそうです。 限界集落問題を考える上で、その土地の資源を消費し、再生産する道がないのか、もっと模索して行きたいと私は思います。

本論文での終盤、享受能力回復のための方策と農村計画の役割についての章では、地域の享受能力への経済的優位性の付与、文化的価値の付加やさらには外部NPOとの連携などの提案がありました。 里山の資源を享受すること、この今日的なあり方と経済的にも持続的な方策を考えることが今後の課題だと言えそうです。

【輪読】マイナー・サブシステンスの特性と社会的意味

マイナーサブシステンス関連の論文を見つけてはKindleFireに入れて通勤中に読んでいます。 今回は下記の論文を読んだので簡単にまとめておきます。

川田 美紀「マイナー・サブシステンスの特性と社会的意味 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利地区を事例として」

抄録

上記論文では沖縄県の古宇利島で行われているマイナーサブシステンスを「生活圏から近い/遠い」「資源の採取が確実/不確実」という2軸で分類し、かつ古宇利島におけるマイナーサブシステンスの社会的意義について考察している。

生活圏に近接したマイナーサブシステンスとしてはアーサと呼ばれる海藻の採取があり、これは比較的手に入りやすい。またシラヒゲウニの採取も生活圏に近い空間で行われるがこれは個体数の減少により現在では採取が難しくなっている。 川田が調査を開始した2008年ごろにはすでに主要な生業として成り立っていた。安陪麻子によると、これには取引業者の出現によってマイナーサブシステンスであった生業が主要な生業に変わったとのこと。

生活圏から遠く、採取が不確実な生業としてタコ漁があげられる。タコ漁には高度な道具は必要なくモリさえあれば誰でも始められるが、その分熟練した技能が要求され、タコ漁がうまい人物は「タコ取り名人」と言われ島民からの尊敬を集める。

マイナーサブシステンスの社会的意義として * 共有財産としての資源 * 資源を生み出す自然への畏敬 という二つの側面が存在する。

古宇利島では資源は「ユイムン(寄 り物)」と認識されている。「ユイムン」は,その資源に遭遇した人の意思(捕獲したいかどうか)にかかわらず,享受するのが礼儀と考えられてきた。また,その恵みは個人や一部の人たちで独占するのではなく,島の人びとに積極的に共有されるべきだと考えられていた。

採取活動や資源を共有することで,地域の人びとは自然が地域のみんなのものであるという意識を抱きやすくなり,自然とかかわる経験は人びとが自然を身近に感じ,自然環境に対する関心を維持することに寄与している。

感想

中間取引業者の出現によりマイナーサブシステンスが主要産業に変貌する可能性がある、という視点は持っていなかったので興味深く思った。産業の歴史的な生成過程を検証していくと、元々はマイナーサブシステンス的な生業であった事例も見つかるかもしれない。これで一つの研究テーマになり得そう。

また、資源とその獲得過程が共有されることで、資源を提供する自然への維持する規範が生まれるというのはまさにマイナーサブシステンスが環境保全の観点で注目される点であり、こういった事例について引き続き調査していきたい。

【輪読】 遊び仕事を通したSubsistenceの再考

マイナーサブシステンス論についてあらためて学び直してみようと思い、 GoogleScholarで見つけた論文を順に読んでいってます。 直近では下記の論文を読みました。

遊び仕事を通したSubsistenceの再考(<特集>デザイン思考), 三橋 俊雄, 2012

マイナーサブシステンスとは、「遊び仕事」とも呼ばれ、鬼頭(1996)や松井健(2000)らによれば 「主要な生業に比べ経済的な意味は薄いが、娯楽性が強く、自家消費的な生産活動であり、当事者達の類稀なる情熱によって長い歴史の間連綿と続いてきた文化」であると定義されています。

当該論文では、自然共生型の文化である「遊び仕事(=マイナーサブシステンス)」に着目し、 丹後半島における7つの遊び仕事の事例を取り上げています。

紹介された事例は下記の通りです。

  • タコ釣り
  • イカ釣り
  • ウサギ捕り
  • ウサギ捕り(バイ投げ)
  • 手長エビ漁
  • 畑づくり

特にウサギ捕およびそこで使われる狩猟道具であるバイ投げは、道具の造形のユーモラスさと ウサギ捕りに夢中になる人達がいかにその生業を楽しんでいるのかがよくわかります。

着実に失われていっているとはいえ、比較的最近においても遊び仕事の事例が報告されていることは喜ばしいです。 自分自身でもそうした事例を直に見聞きしにいきたいものです。

GoogleScholarでアラートを設定すると、気になった検索ワードに関連する新着論文を通知してくれて便利ですね。

SocSci Meetupに参加してきた

2019/01/08(火)にSansan株式会社にて行われた「SocSci Meetup ~社会科学をブートする~」に参加してきました。

DSOCとはSansan株式会社内のR&D部門で、Data Strategy & Operation Centerの略だそうです。 AIや画像解析といった先端テクノロジーから社会ネットワーク分析といった社会科学まで幅広く研究しているようです。 SocSci =「Social Science」の名の通り、今回のイベントは社会科学分野の研究成果とビジネスへの応用例を中心とした発表でした。

私も大学院の片隅で仮にも社会ネットワーク分析をかじっていた身としてこれはぜひ参加したいと思いConnpassの申し込みボタンを急いで押しました。 が、気づいたのが若干遅く補欠8番手での繰り上がり待ちでしたが、当日になってギリギリ参加枠にすべり込むことができたので意気揚々と表参道に向かいました。

以下、講演ごとのメモと拝聴時の感想ツイートです。


19:10-19:30 枯れない古典の社会学的思考 / Sansan DSOC R&D研究員 前嶋直樹 氏

一言要約:ジンメルによって人と人の繋がりが定量化され、社会関係資本の重要性が可視化された。 名刺交換というネットワークにおけるSansanでの社会ネットワーク分析の活用事例。

19:30-19:50 人脈が支える経済ネットワーク / Sansan DSOC R&D研究員 真鍋友則 氏

一言要約:肥満や喫煙といった健康習慣がネットワーク上で偏る傾向があるという研究事例の紹介

20:00-20:20 情報過多社会における接触情報の偏り / 東京大学大学院 臼井翔平 氏

一言要約:高度な情報化社会においては接触する情報がクラスタによってだいぶ偏りがあるという研究事例の紹介

20:20-20:40 なぜIT企業はエスノグラファーを雇ったのか? / 東京大学大学院 杉山昂平 氏

Lucy Suchman(Xelox), danah boyd(Microsoft Research)という2名のエスノグラファーが IT企業でどのように採用され、活躍しているのかという事例紹介

感想

その後懇親会にも参加し、講演者の方達とも話す機会がありました。 最新の社会ネットワーク分析や計算社会学のキャッチアップをするにはどの研究者を押さえておくべきか、 どういったところから最新の論文を拾ってくるのかといったことを教えていただきました。 自分の中でも社会科学を学び直したい熱が再燃しているので、読んだ論文の感想などをこちらで書いていきたいと思いました。

コッヘル料理に精を出す

https://www.amazon.co.jp/dp/B00UHR47FA/:シェルパ斉藤のワンバーナークッキング高田馬場カモシカスポーツで購入してから 自宅でもコッヘルを使った料理をたまにするようになった。

この本に乗ってる料理の簡単さ・美味しさはどれも素晴らしいのだけど、中でもパスタ用ミートソースを使った料理が珠玉の味です。

茹でたワンタンにミートソースを投入し、ガーリックペーストを一振りまぶして食すると、非常にご飯が進みます。

自宅でのコッヘル料理、しばらく続けてみたいと思います。

【わさび】本年度の植え付け

今年も何人かの人に手伝ってもらいながらわさびの植え付けを行いました。

今回は先輩農家の方たちに指導してもらいながらの植え付けになりました。

せっかくなので植え付けの際の手順とそれぞれの工程の注意点を画像と動画を交えて記録に残します。

1)田の掃除

  • 田を掃除する際には作付け面積を広く確保するために、石は山側ではなく谷川に移動させる
  • 小さな石は柵切りの際の柵に利用するため、あまり捨てすぎないようにする

2)ポンプによる田起こし

  • ポンプを使用する際は、はじめに呼び水として上部の口から水を入れ溜めておく。(そのため、1ℓペットボトルを用意しておく)
  • ポンプを停止する際には、赤いボタンを押す
  • ポンプを始動する前に、アクセルは弱に戻しておく
  • ポンプの取水口として、箱などに水を溜めておくと良い

 

  • 田起こしをする際には、ポンプの先端をギリギリまで差し込み、徐々に持ち上げながら土を攪拌する。この作業を20cmおきに繰り返す


【わさび田植え】ポンプによる田おこし2

3)かずさによる田の攪拌

  • はじめはしたから上に向かって行う
  • 一反あたり3人程度で行う

4)かずさによる柵切り

  • 攪拌した栄養のある土は残し、砂利と小石で柵を作る。
  • あまり土を掘りすぎないように気をつける

5)苗の植え付け

  • かずさの先端をギリギリまで差し込み、持ち上げた瞬間になるべく深いところに苗を植える
  • 茎が倒れないように前後を小石で挟むと良い


【わさび田植え】苗の植え付け

6)柵の石積み

  • 植え付け後に行うと足の踏場に困るので、4畝程度植え付けたら石を積み始める
  • 余力があれば行っても良いが時間がなければ次回以降に回しても問題ない

 

以上、今回も1日かけての作業でした。

月に1度ほど奥多摩にてわさびの面倒見ているので、もし遊びに来たいという方いらしたらご連絡ください。